練馬区大泉学園の『さくら歯科クリニック』は一般歯科、小児歯科はもちろんのことインプラント、審美歯科、義歯(入れ歯治療)に力を入れています。

スタッフ紹介

あいさつ

私たちは小児からお年寄りの方まで総合的な診査・診断をベースとして口腔領域の生涯サポートを目指しております。
今まで得た知識と最新技術を患者さまに還元することはもちろんのこと、心のこもった対応とわかりやすい説明のもと、患者さまと話し合い治療プランを考えていきます。また、医療に携わるものとして常に誠実さと奉仕の精神を忘れぬよう心がけます。患者さまのより輝く笑顔のために!

診療方針・理念

的確な診査・診断に基づいた治療計画を立案し、まずは1本の歯を大事に治療することから全般的な治療まで長期にわたり良好に機能し維持される治療を日々目指します。

治療の際に心がけていることは?

私は大学を卒業し、入れ歯治療や被せ物の専門的な勉強をした後に大学病院の補綴科に在籍しておりました。
そこでは、入れ歯と認知症の関連性などの研究や診療等に従事しておりました。
現在は当院にてより良い歯科治療を提供できるよう日々、研鑽を積んでおります。
私が目指している治療は患者さんと二人三脚で行う治療です。残念ながら患者さん自身、自分の体がどのような状態で、どのような治療が必要で、どのような治療を受けるべきかを知らないまま受診している方が多いように思います。
私は、患者さんにより良い治療を受けていただくために必要な検査を行い、その結果を説明しどのような治療を行うべきか、複数の治療法がある場合にはそれぞれのメリット、デメリットを伝え患者さんが“ご自身”で納得した治療を受けていただきたいと考えております。
また、治療を受けて頂いた後は必ずメインテナンスを徹底して行って行きたいと考えております。何故なら、予防・管理こそ一番の治療だと考えているからです。
私は治療を行いながら様々な患者さんのお口の中を見させていただいておりますが、やはりメインテナンスに通われている患者さんのお口の中はキレイなのです。治療後もしっかりお口の健康を守って行きたいと思います。

歯科医師を目指したきっかけは何ですか?

小学校の時に虫歯になってしまい歯科医院に通いました。歯を削るドリルの音や独特な薬の匂いが妙に怖かったことを覚えています。すごく怖くて毎回、歯科医院へ行きたくなくて駄々をこねていました(笑)。そんな時は、いつも母が嫌がる私を歯科医院へ連れて行ってくれました。私が高校生の時に、そんな母も歯が悪くて苦労した話を聞き、自分が何とか治してあげたいと思い歯科医師になることを決心しました。

休日はどう過ごされていますか?

平日は一生懸命仕事に従事しているので、休日は息抜きをかねて美味しいお店の食べ歩きをしています。最近は、食べるだけでなく自分で料理することも楽しくなり、いろいろな料理にチャレンジしては家族に披露しています。

今後の展望を教えてください。

患者さんにより多くの選択肢を持っていただきたいので、新しい治療法等は積極的に学びたいと考えています。しかし新しい治療法がすべての患者さんに適しているかというと必ずしもそうとは限りません。私は患者さんのライフスタイルや考え方を尊重し、患者さんにとってBESTな治療を提案し実践して行きたいと考えております。患者さんが“さくら歯科クリニックに来て良かった”“ ”あの先生なら信頼できる“と言っていただける歯科医師を目指して、日々、研鑽を重ねていきたいと思っています。

治療の際に心がけていることは?

私が日々の診療において心がけている事は患者さんと共に考える事です。
患者さんにお口の中の現状を説明し、情報を共有することで歯が痛くなってしまった原因、治療方針、治療後の維持方法について考えていきながら治療をすすめたいと思っています。同じ傷病であったとしても、傷病を抱えている患者さんはそれぞれ異なりますので、患者さん個人に合わせた治療方法を考える必要があります。
そのためには検査を行うことが重要です。お口の中の現状を客観的に捉える上で必要であり、検査結果を説明し情報の共有する上でも不可欠なものです。しかし、歯医者さんの検査と言えば、学校で受けた検診を想像する方が多いと思います。検診はあくまでスクリーニング検査であり、虫歯の疑いが有るか無いかの判断でしかありません。私がここで述べている検査は歯周病の検査やレントゲン写真検査や噛み合わせの検査の事です。こうしたデータを元に歯科治療の青写真を提示する事で、治療法を患者さんにもご理解して頂けると思います。検査データはお口の健康管理において大切なものであり、患者さんと我々歯科医師を繋ぐ唯一のものです。また蓄積されたデータは将来的なお口の状態を予測する事ができ、治療の介入が必要か否かを判断する一つの指標になります。来院して頂いた患者さんと検査データを通じて、共に治療のゴールを考える事で患者さんのお口の健康に携わる事が出来れば幸いです。

休日はどう過ごされていますか?

私はスポーツが好きなので、ネットやテレビでスポーツ観戦して過ごします。大学ではアメリカンフットボール部に所属しており、6年間学業も部活動もこなし、忙しくも充実した毎日を過ごせました。いつか本場アメリカでアメリカンフットボールを観戦することが私の夢です。
また家族や友人と食事に行き、いろいろな話しをする事で絆を深め楽しい時間を過ごすことも
あります。仕事やプライベートの話をすることで色々な刺激を受け、そのような時間が翌日からまた私を頑張る気にさせてくれます。こうした時間はこれからも大事にしていきたいです。

今後の展望を教えてください。

私が歯科医師を目指すきっかけは父が歯科医師だったためです。父に憧れ、その背中を追って日々臨床に取り組んでいます。
父は歯科大学を卒業してすぐに開業医として地域医療に携わっていました。私は卒業してから4年間、大学院で歯を保存する事を専門とした医局に所属し研究をしながら、外来もしておりました。同じ医局の仲間と切磋琢磨し、先輩方に御指導頂きながら、大学院も卒業することが出来ました。
父の病院を引き継ぐ時にもその経験を活かし、患者さんのお口の健康に寄与できればと思っています。父にも現在来院して頂いている患者さんにも信頼してもらえる歯科医師になれるようにこれからも精進して参ります。

治療の際に心がけていることは?

学生時代から歯列矯正の分野に興味があったため卒後研修時から歯科矯正学を専攻し研修終了後、大学病院では歯科矯正学講座に8年間勤務しておりました。
その勤務時に成人の方々の歯列矯正も多数担当しておりましたが、子供好きということもあって主にお子様の歯列矯正を担当させて頂きました。
お子様の治療の難しさの一つに、ご本人様が治療を受けたいという意思の少ない場合が多く見受けられます。しかしながら治療を進めていく過程においてその必要性をご理解して頂くよう声かけをし、またその成果について実感してもらえるとお子様は治療に対して積極的になり良い結果が得られます。このことは、お子様のみならず成人の方々の治療においても同様な事が言えると思います。
その他心がけていることは、治療を受けて頂く方々の口腔内(お口)を清潔にして頂いているかの確認です。歯列矯正の治療は長期間装置を装着しながら進めていくため磨き残しの蓄積がありますと、虫歯や歯肉炎を誘発する恐れがあります。よって当院では歯列矯正と並行して口腔内(お口)のメインテナンスケアを受けて頂きながら治療を行っております。
皆様にハッピーなスマイルが得られるその一助になれば幸いと考えております。

休日はどう過ごされていますか?

趣味である野球観戦に没頭しております。
特に、アメリカのメジャーリーグが大好きで休みの日は朝から野球中継をテレビ観戦しております。なかなか長期の休暇がとれないため、しばらく本場アメリカの球場での観戦ができないことが残念ではありますが、日本のプロ野球も大好きなのでシーズンが始まると月1回くらいは球場で観戦しております。
それ以外では子供の頃から自転車が好きでサイクリングを楽しんでいます。
冬でも夏でも、近場でも遠方でも雨天以外はよく自転車に乗ります。

今後の展望を教えてください。

日々の臨床以外において、その合間を縫い、矯正歯科治療に纏わる材料の開発に取り組んでおります。私が材料の開発を志した理由は、日々の臨床においてもっと便利な材料があれば、より治療を効率化でき、そのことが患者様への負担軽減に繋がると考えたからです。しかしながら、私個人だけではその目的を成し遂げることは難しく、大学病院の講座や材料メーカーの方々とタイアップし、その開発に従事しております。
この開発は長期に渡るもので、なかなか製品化へとすぐに繋がるものではありませんが、近い将来その内容を学会にて発表したいと考えております。

治療の際に心がけていることは?

初めて歯科医院にいらっしゃる方は、痛みや悩みをかかえ、不安でいっぱいな気持ちで勇気を持って来院される方がほとんどだと思います。
治療の際にまずは1番困っていることを一緒に解決していくことが大切だと思います。患者さんが安心して通院できるよう、時間をゆっくりかけ、わかりやすく説明し、その患者さんにあった、より良い治療を患者さんに伝え、ご自身に納得して頂きたいと考えております。また、どうしてそうなってしまったのか、原因を知ることが大切です。
例えば「ちゃんと歯磨きしているのに、すぐに虫歯になるの」とおっしゃる方がいらっしゃいます。虫歯を治して終了ではなく、虫歯になりやすいのは何故かということを患者さんご自身が知っていれば予防することができるのではないでしょうか。歯科医療は日々日進月歩ですので、私も日々勉強し努力で精進し、患者さんに今の私自身の全てをだしきり、患者さんに笑顔で来院して頂けるようこころがけております。また、女性としての感性を大切にしていきたいと思っております。
全ての治療が終了しても、治療後の口腔内の健康を守るため、経過を追い定期的なメインテナンス(予防)によって、患者様の笑顔を守っていけるよう、長いお付き合いをさせて頂きたいと思っております。

歯科医師を目指したきっかけは何ですか?

父親と姉が歯科医師ですが、当たり前のように歯科医師を目指したわけではありません。
高校生の時、化学が大好きでした。歯科医師ではなく化学に携わる道に進もうと考えておりました。
いざ、大学を選択する時に”あれ?私、歯科医師になりたいかも”という漠然な思いが始まりでした。
当たり前のように見ていた父親の背中が日に日に大きく見え歯科医師になりたいという気持ちに変化しました。

休日はどう過ごされていますか?

私は二児の母親をしておりますので、家族でゆっくりと過ごす時間を大切にしております。また、学生時代からやっておりますテニスが趣味なので、休日はテニスを楽しみながら、スキルアップできるよう頑張っております。

今後の展望を教えてください。

子育ては、毎日小さな悩みの連続です。私も子育ての中、頭を抱えております。”誰かに聞いて欲しいなぁ”と思うこともあります。
どんな小さなお悩みでもなんでも一緒に共有し、患者様と長いお付き合いをしていきたいと思っております。

治療の際に心がけていることは?

私が治療の際、心がけていることは、患者さんに安心して通っていただけるようにする事です。まず患者さんの一番困っている事、希望をお聞きし、適切な診査・診断を行い、その解決方法についてわかりやすく説明をするようにしています。その際、なぜ患者さんがこうなってしまったかの原因や今に至った歴史を考察し、患者さん一人ひとりにそれらをふまえた説明を行いご理解いただく事が大切だと考えています。また女性ならではの視点を大切にし、患者さんの気持ちに寄り添い、気軽に質問できる雰囲気作りを心掛け、安心感をもってもらえるようにしています。治療後のメンテナンスも治療の一環と考え、永いお付き合いを目指しています。

歯科医師を目指したきっかけは?

私も含め家族全員、歯では苦労していて、学生時代は学校帰りに歯医者に寄るのが日課でした。せっかく直しても、同じ歯がまた痛くなったり、詰めたモノが外れたりの繰り返しでなぜ友達と比べて自分はこんなに歯が悪いのか?と納得できない思いがありました。これが漠然と歯科医師を目指したきっかけになったのかもしれません。今思えば、どういう治療をするのかとメインテナンスが重要だっだのだと思います。

休日はどう過ごされてますか?

運動不足解消もあり、新しく自転車を購入し乗っています。以前よりも気軽に少し遠くへ出かけるようになり、行動範囲も広がり、良いリフレッシュになっています。また、自転車に乗っている間は何かを考えているので、そういう時間が得られた事も良かったと実感しています。

今後の展望を教えてください。

今している治療の精度を上げ、日々勉強をしていきながら、治療の選択肢を増やしていきたいと思っています。その事で患者さんに寄り添う事ができると思います。安心、信頼される歯科医師を目指して頑張ります。